伝統的な挙式

花びらと指輪

注意すべき点や気をつけることについて

神社挙式は、日本を感じることができますので、最近になって人気が少しずつ上昇しています。白無垢や色打掛を着ることで日本人ならではの装いができるからです。このような神社挙式にも、注意すべき点があります。まずは、神社は挙式用に作られているわけではありませんので、撮影できないエリアもあったりします。ですので、事前にしっかりと確認しておくことが必要です。さらには、列席者の人数が限られていたりする場合もあります。設備についても、バリアフリーなどに対応していないところもありますので、神社挙式を挙げる際は列席者にも配慮します。 料金は比較的お手頃ですが、一般の参拝客の前を歩くには追加で料金がかかる場合もあります。

知っておくと良い情報について

神社挙式を行う際に知っておいたほうがいい情報はいくつかあります。まず、その神社によって挙式で着る時期が限られているということです。真夏や真冬でも神社挙式はできますが、暖房や冷房の設備が整っていないところも多いため、列席者のことを考えると、選ばないほうが良い時期もあります。さらに、七五三や成人式などの時期には行えないこともありますので事前に確認が必要です。 着物の着方や神社での作法を知らない人が、神社挙式をあきらめる場合もありますが、実際には着付けから作法まで介添え人の方が教えてくれますので、このような作法になれていない人でも安心して挙式することができます。挙式後の食事会などを開けるとろこもあります。


© 2015 電報で気持ちを伝えて皆もハッピー【ハッピーフライト便】. All right reserved. Design by Boot'sshop

このエントリーをはてなブックマークに追加