電報で感謝の言葉を

幸せな新郎新婦

電報の種類と料金について

電報は基本的に台紙代と文字数により料金が決まります。 文字に関してはひらがなの場合と漢字の場合でも料金が変わってきます。 電報を扱う会社で異なりますが、25文字の場合でひらがなは490円くらい、漢は700円くらいになります。 文字数が増えるにつれ料金が加算されます。 通常の台紙であれば台紙代は無料になります。 台紙に関しても様々な種類があり、料金にも差があります。 押し花などが施されているシンプルなものは500円くらいからあります。 開くと音楽が流れるようになっているものは1,000円くらいです。 人気キャラクターなどのぬいぐるみが付いているものは2,000円〜4,000円くらいになります。 キャラクターのものは結婚式では特に喜ばれます。 予算などに合わせて選択することをお勧めします。

結婚式における祝電の役割

結婚式の送る電報は祝電と呼ばれます。 このことからもわかるように、新郎新婦へお祝いの言葉を送るためのものになります。 祝電は新郎新婦から依頼があった場合に送るものではありません。 祝福する側の心遣いで送るものになります。 電報を送る理由は様々ですが、多くの場合結婚式の当日に直接お祝いすることができないときなどに利用します。 結婚式の当日届いている祝電の中から新郎新婦や司会者が確認して披露宴中に読まれます。 場面は様々ですが、中座の時や歓談中などに読まれることが一般的だと思います。 届いている祝電が多い場合は、よりお世話になっている仕事関係の人のみが読まれることになります。 電報を利用する際の参考になればと思います。


© 2015 電報で気持ちを伝えて皆もハッピー【ハッピーフライト便】. All right reserved. Design by Boot'sshop

このエントリーをはてなブックマークに追加